VIEW COUNT 860

Epiphone Emperor (1946)

¥900,000. (税込¥972,000.)

CONDITION:
EX++
TOP:
Spruce
SIDE   BACK:
Figured Maple
FINGER BOARD:
Brazilian Rosewood
BRIDGE:
Maple
NUT WIDTH:
43.3mm
BRACING:
Original
PICKGUARD:
Original
SCALE:
650mm
BINDING:
White
TUNER:
Original
CASE:
Hard Case
NO VIDEO NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-5283-7240
blue-g@blue-g.com
営業時間(月曜定休)
平日 11:00~20:00
日祝 11:00~19:00

NO VIDEO

1946年製のエピフォン エンペラー!ニューヨーク時代の1本で、フルアコースティックの最高峰モデルです。
TOPはスプルース。ボディサイズが大きいので、通常より大きな材を使わなければなりませんが、杢目の細かいスプルースが使われています。
S/Bはメイプル。美しいフィギュアドの杢目のメイプルで、サイドバック共に単板の仕様です。
大きなヘッドにはEpiphoneのロゴとVineのインレイ。チューナーはオリジナルで、Eマーク入りです。
ヘッドの形状といい、チューナーの外観もとても雰囲気が良いです。
指板はブラジリアンローズウッド。1946年から指板がエボニーからローズウッドに変更になりますので、この個体は仕様変更直後の物になります。
指板のポジションマークは両サイドがパール、Vはアバロン貝のインレイです。
ヘッド、指板共にホワイトのバインディングが入り、指板脇とバインディング横には白と黒の飾りが入っています。
ブリッジはメイプル。サドルはオリジナルですが、弦が乗る部分は付け足されています。
オリジナルのFrequensator tailpieceが付いていますが、6弦側に亀裂があります。
しかし、後から同じようなプレートを製作して2枚重ねにしておりしっかりと補強されていますので、今後のご使用は問題ないと思います。
通常テールピースは亀裂が入ると交換するしかないのですが、オリジナルを残すこのようなリペアに思わず感心してしまいました。
白い縁取りがあるピックガードはトートイス柄のオリジナル。ボディのバインディングと違い、塗装が乗っていないため、白いまま綺麗に残っています。
ボディのバインディングは経年変化でクリーム色になっており、最高峰モデルだけあってボディのパーフリングも豪華な仕様です。
チューナーのつまみのネジだけいくつか変わっていますが、その他は全てオリジナルコンディション。
塗装のオーバースプレーやタッチアップもありません。傷はありますが、全体的にとても良いコンディションです。
ボディサイズは18 1/2インチ!!!日本人には少し大きいかも知れませんが、この大きさならではのサウンドがあると思います。
ナット幅は43.3mm。ネックも美しいメイプルで、少しだけ厚みのあるネックですが、とても握り心地が良いです。
メイプルらしいレスポンスが早く、クリアなサウンド!
どうして古いメイプルのサウンドはこんなに奥深く、音に立体感があるのでしょうか。不思議で仕方ありません。
このボディサイズらしい迫力のある低音はもちろん、単音で弾いた時の音の太さも素晴らしいです。
Gibsonとはまた違うサウンドで、もう少し全体的にスッキリしたサウンドですが、逆に弾き手の個性が出しやすいのではないでしょうか。
オススメのアーチトップギターです。是非店頭でお試しください!