VIEW COUNT 794

Martin 00-45 (1974)

SOLDOUT

CONDITION:
NM
TOP:
German Spruce
SIDE   BACK:
Indian Rosewood
FINGER BOARD:
Ebony
BRIDGE:
Ebony
NUT WIDTH:
47.7mm
BRACING:
Original Non-Scalloped X-Bracing
PICKGUARD:
Original
SCALE:
645mm
BINDING:
White
TUNER:
Original
CASE:
Hard Case
NO VIDEO NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-5283-7240
blue-g@blue-g.com
営業時間(月曜定休)
平日 11:00~20:00
日祝 11:00~19:00

NO VIDEO

マーチンギターの中でも最もエレガントなデザインと評されるOO-45。
生産本数が非常に少なく、70年代に生産されたOO-45は僅かに73本のみ!! (70年3本、71年5本、72年1本、73年20本、74年9本、75年13本、76年22本)
大変稀少価値の高い人気モデルです。とても綺麗なコンディションの個体が入荷しました。
アメリカの方が大切に所有していた個体でしたが、今回特別に譲って頂きました。
数少ないこのモデルは日本ではとても人気があり、常に探している方もいることでしょう。
日本初入荷の個体ですので、探していた方は要チェックです!
トップは目の詰まったジャーマンスプルース。45グレードに相応しい綺麗な杢目の材で、色の焼け方も上品な感じでとても雰囲気の良い外観になっています。
S/Bはインディアンローズウッド。70年代のインディアンローズウッドは杢目がすごい!!!
特にこの個体に使われているインディアンローズウッドは現在の物とは全く違い、迫力あるルックスです。
縦の黒いラインが美しく、ただ真っ直ぐではなく、よく見るととても複雑な杢目をしています。
このインディアンローズウッドは眺めているだけでも満足感を得られます。
丸い穴のスロテッドヘッドにはマーチンの縦ロゴ。この時代のロゴは柔らかな雰囲気で、今のインレイとは大きく印象が違います。
指板、ブリッジはエボニー。どちらも色が黒く、質の良いエボニーです。
指板のポジションマークはヘキサゴンインレイ。この頃のインレイはソリッドの貝なので、深い輝きが特徴です。
アバロン貝の入った45スタイルのロゼッタ。黒いピックガードはオリジナルです。
ボディ全面の外周にアバロン貝のトリムが入り、最高峰モデルに相応しいゴージャスなルックスです。
ヘッド、指板、ボディに入ったホワイトのバインディングは、塗装が経年変化で焼けた影響で、少し黄色い外観になっています。
ナット、サドル、エンドピンは交換されていますが、その他は全てオリジナル。ナット、サドルはオリジナルと同様の象牙です。
ボディエンドの穴は過去にピックアップを付けていたようで、穴が大きくなっています。
塗装のタッチアップやオーバースプレーも一切ありません。この年代に見られるマーチンクラックもありません。
TOPのブリッジ左下にうっすらと傷がありますが、光を当てないと分からない程度です。(現物は写真で見るより傷は浅いです)
他に大きな目立つ傷は無く、ヘッドからネック裏、ボディエンドまでとても綺麗なコンディションです。
当店入荷後にネックリセット、フレット擦り合わせをしていますので、プレイコンディションも完璧です。
コンディションも文句の付けようがないのですが、サウンドもこれ以上ないくらい素晴らしいです。
45スタイルのキリッとした倍音感の中にも12Fジョイント特有のリバーブ間。
ボディサイズも00ということで、低音から高音にかけての音のバランスがとにかくお見事です。
インディアンローズウッドらしい深い低音に、太く甘いプレーン弦のサウンド。
各弦、どのポジションを弾いても音が太く、押し弦と開放弦の音の混ざり方も美しく、素晴らしいギターだと思います。
ここ最近で当店に70年代の12Fジョイントの45が何本か入荷していますが、この時代の45スタイルの12Fジョイントのギターはとにかくサウンドが抜群で、アコースティックギターとして一つの理想形のサウンドだと思います。
是非、店頭にお越しの際は弾いてみてください。多くの方がこのサウンドに感動するはずです。この機会をお見逃しなく!!!