VIEW COUNT 5833

Greven J Cutaway White Lady Custom (1990年代)

¥715,000. (税抜¥650,000.)

CONDITION:
EX+
TOP:
Spruce
SIDE   BACK:
Figured Maple
FINGER BOARD:
Ebony
BRIDGE:
Ebony
NUT WIDTH:
44.2mm
BRACING:
Scalloped X-Bracing
PICKGUARD:
Tortoise
SCALE:
643mm
BINDING:
Ivoroid
TUNER:
GOTOH
CASE:
Hard Case
NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-6273-7585
blue-g@blue-g.com
営業時間(月曜定休)
平日 11:00~20:00
日祝 11:00~19:00

NO VIDEO

グレーベンギターは、オレゴン州ポートランドの自宅工房で、一本一本、ハンドメイドで製作されています。
ルシアーのジョン・グレーベンさんは、1946年、アラバマ州のバーミンガム生まれ。
1967年に、テネシー州のチャタヌーガで、リペアと並行して初めてのギターを製作。
1968年に、グレーベンギターとしての一本目を作ってから、製作本数は2300本以上!! アメリカを代表する、ルシアーです。
ジョニー・キャッシュ、ジョン・デンバー、ステファン・グロスマン、メリー・チェイピン・カーペンター、ジョージ・ハリスン、ジャニス・イアンなど、数多くのトップミュージシャンのギターを製作。日本では、岡崎倫典、押尾コータローらが愛用、特にフィンガーピッカーから大人気のギターです。

近年では、ドレッドノートが定番になっていますが、Jモデルは1990年代に多く製作された、16インチのスモールジャンボサイズ。美しいフィギャードメイプルが使われ、インレイワークも豪華な”ホワイトレディ”仕様のカスタムモデルです。

トップは細かく詰まった木目と、横にもやもやと本柾目のクウォーターフラワーと呼ばれる、さざ波のような、細かなフィギャードが全体に走っています。レモン色の顔に、アバロンインレイのロゼッタ、トップ外周のアバロンインレイが鮮やかです。
ソリッドのアバロンインレイの細かなピースを、オーセンテォックな方法で、手作業で仕上げたインレイは、奥行きのある明るいシルキーな輝きです。
アイボロイドのバインディング、べっこう柄のピックガードもレトロな演出で、ヴィンテージギターを思わせる、あたたかい質感です。

サイドバックには魅力的なフレイムのフィギャードが入った、素晴らしいメイプル材が使われています。
トップと同じく、レモン色のフィニッシュが杢目の色気を増し、深い輝きで、角度によって立体的な杢目が、ゆらゆらと揺れます。

マホガニーネックのヒールには、ハンドカービングの彫刻が施されています。
黒いエボニーのヘッドプレートに、グレーベンバナーロゴのパールインレイと、ホワイトレディのヘッドインレイ。
ペグは定番のゴトーのゴールドで、スッキリとして雰囲気よく、シックな、とても上品なヘッドです。
エボニー指板のポジションマークは、ホワイトレディのカスタムインレイ。手作り感のある素朴なエングレービングが味わい深いです。
黄金色のボディに、インレイが輝き、ヘッドから、指板、ブリッジとエボニーが使われ、シックでとても洗練された美しいグレーベンです。

センターシームの補修があり、トップに細かな打痕はありますが、使用感の少ない美品。
ボディ&ネック共にコンディション良好です。

ナット幅44.2mm。少し薄めのUシェイプネックで、とても握りやすいネックです。
コシのある、丸い独特の響きのインパクトがあり、各弦ともに存在感のある、太く立体的なトーンで、ストレートに前に飛び出します。
きらびやかな高音が特徴的で、バランスが良く、メイプルらしい線の太い輪郭のあるサウンドです。
音にキレがありながらもグレーベンらしいふっくらと暖かいサウンド。メイプルのギターとして最上級のサウンドだと思います。
グレーベンの中でも非常にオススメのモデルです。この機会にぜひお試し下さい!!!!!!