VIEW COUNT 1745

松永 仁一郎 1a (1971)

¥242,000. (税抜¥220,000.)

CONDITION:
EX
TOP:
SIDE   BACK:
ローズウッド
FINGER BOARD:
Ebony
BRIDGE:
Rosewood
NUT WIDTH:
52.5mm
BRACING:
Fan-Bracing
PICKGUARD:
SCALE:
660mm
BINDING:
Rosewood
TUNER:
Original
CASE:
Hard Case
NO VIDEO NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-6273-7585
blue-g@blue-g.com
営業時間(月曜定休)
平日 11:00~20:00
日祝 11:00~19:00

NO VIDEO

1971年製の松永仁一郎氏製作のクラシックギター が入荷しました!
鳴り、サウンドの良い1本で、とてもコストパフォーマンスに優れたギターだと思います。

今回、入荷したのはクラシックギター ですが、松永氏はFieldsのギターを製作していた初代ルシアーとしても知られています。

TOPは松。杢目が細かく、光を当てるとキラキラと輝くとても綺麗なスプルースです。

S/Bはローズウッド。柾目のとても綺麗な杢目のローズウッドです。

ローズウッドの突き板が貼られたスロテッドヘッド。チューナーは彫刻入りのゴールドで、レトロなルックスなつまみが付いています。

指板はエボニー。ポジションマークのないクラシックスタイルです。

ブリッジにはローズウッドが使われており、良い杢目の材だと思います。

サウンドホール周りには綺麗な寄木細工のロゼッタが入り、ボディのバインディングはローズウッドの仕様です。

TOPのセンターシームとブリッジ右下にクラックの修理があり、ボディバックの一部分にオーバースプレーがあります。

全体的に使用感ありますが、ネックのコンディションは良好で、演奏性の良い状態です。

とても鳴りが良い個体で、音量も大きく、とても良いサウンドのギターだと思います。
製造から時間が経っており、音の抜けが良く、パーンと前に出るサウンドがとても爽快です。
ローズウッドらしい甘いニュアンスもあり、優しいタッチで弾くサウンドは絶品だと思います。

この価格帯のギターとしては素晴らしいサウンドだと思いますし、新品に拘りがなければとてもお勧めの1本です!