VIEW COUNT 1524

Gibson J-45 (1953)

¥968,000. (税抜¥880,000.)

CONDITION:
EX+
TOP:
Spruce
SIDE   BACK:
Mahogany
FINGER BOARD:
Brazilian Rosewood
BRIDGE:
Brazilian Rosewood
NUT WIDTH:
43mm
BRACING:
Original Scalloped X-Bracing
PICKGUARD:
Original
SCALE:
631mm
BINDING:
White
TUNER:
KLUSON
CASE:
Hard Case
NO VIDEO NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-6273-7585
blue-g@blue-g.com
営業時間(月曜定休)
平日 11:00~20:00
日祝 11:00~19:00

NO VIDEO

人気のあるスキャロップブレーシング期のJ-45!とても良いコンディションの個体が入荷しました!

TOPはスプルース。とても杢目が細かく、美しいスプルースです。
50年代前半らしい黒い部分がはっきりとしているサンバーストカラーがとても渋いルックスです。

S/Bはマホガニー。少しストライプ模様の出ている美しいマホガニーです。
黒いヘッドに黒いトラスロッドカバー。ロゴは金色のGibsonロゴです。
チューナーは交換されており、シングルラインのクルーソンが付いています。
指板、ブリッジはブラジリアンローズウッド。どちらも赤茶色の材で、少し独特な杢目が特徴的です。
指板はドットのポジションマークで、サドルはロングサドルです。
サウンドホール周りのロゼッタはワンリング。ピックガードはべっこう柄のスモールピックガードです。
ボディのバインディングはホワイトの仕様ですが、塗装の経年変化で黄色い外観になっています。

ピックガード、ブリッジ、ブリッジピン、エンドピンはオリジナル。
チューナー、ナット、フレット、サドルは交換されています。

フレット交換した際に指板の脇に塗装のタッチアップをしたようで綺麗になっていますが、その他は全てオリジナルフィニッシュです。
弾き傷などありますが、木部のクラックはなく、素晴らしいコンディションだと思います。

スキャロップブレーシングらしい反応の良い鳴り方で、この時期ならではのカラッとしたサウンドが魅力の1本です。
カラッと枯れたサウンドですが、倍音感と音の艶もしっかりとあり、少し綺麗なサウンドのする個体だと思います。
各弦の音の分離も良く、後年のノンスキャロップブレーシングの個体とは異なるサウンドです。
50年代後半のJ-45も魅力的なサウンドですが、いわゆるヴィンテージギターの枯れたサウンドというイメージだと1954年以前のスキャロップブレーシングのJ-45が候補になってくると思います。

50年代前半のJ-45の入荷は本当に少なく、貴重だと思います。
気になる方は是非店頭でお試しください!オススメの1本です!