VIEW COUNT 1381

Gibson HG-0 (1937〜38)

¥495,000. (税抜¥450,000.)

CONDITION:
EX+
TOP:
Spruce
SIDE   BACK:
Mahogany
FINGER BOARD:
Brazilian Rosewood
BRIDGE:
Brazilian Rosewood
NUT WIDTH:
49mm
BRACING:
Original X-Bracing
PICKGUARD:
Original
SCALE:
630mm
BINDING:
White
TUNER:
KLUSON
CASE:
Chip Board Case
NO VIDEO NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-6273-7585
blue-g@blue-g.com
営業時間(月曜定休)
平日 11:00~20:00
日祝 11:00~19:00

NO VIDEO

貴重な1937〜38年に生産されたHG-0。L-00の姉妹モデルで、ハワイアンギターとして発表されたモデルです。
元はハワイアンギターですが、普通に弾けるようにセットアップされています!

TOPはスプルース。ボディは黒く塗り潰されていますが、ピックガードからスプルースの杢目を見ることが出来ます。
この頃のボディにブラックカラーも渋くてとてもカッコいいルックスです。

S/Bはマホガニー。粘りがあって、音抜けの良いサウンドキャラクターはブラジリアンローズウッドと並んで評価の高い材です。

ボディと同じくブラックフィニッシュのヘッドには白のスクリプトロゴ。
チューナーはオリジナルの3連のクルーソンが付いており、つまみは経年変化で縮んでいますが、動作は良好です。

指板、ブリッジはブラジリアンローズウッド。指板の材は色が明るく、ブリッジには色が黒い材が使われています。
ポジションマークはパールのドットで、元々ハワイアンのモデルなので、サドルの溝は切り直しされています。

シンプルなロゼッタにファイアーストライプ柄のオリジナルピックガード。
ブラックフィニッシュにこのピックガードの仕様は最高にカッコいいと思います。
ボディのバインディングはホワイトの仕様です。

チューナー、ピックガード、ブリッジはオリジナル。その他のパーツは交換されています。

トップに4箇所、バックに5箇所クラックがあり、バックの2箇所は裏がライニングの部分で軽度な割れです。
サイドにはヘアラインクラックが1箇所あります。

塗装は全てオリジナルフィニッシュです。

ナット幅49mm。ナット幅も広く、ネックは極太のVシェイプです。
ハワイアンモデルならではのスペックですが、このネックでしか出せない太いトーンがあります。

12Fジョイントということもあり、ボディも良く鳴り、音の伸びもとても良いです。
1音1音の音が太く、芯があり、この年代のGibsonの良さを存分に楽しめる1本だと思います。
カラッとした抜けの良い音に程良いパワー感もあって、L-00で物足りなさを感じる人には是非弾いて頂きたいギターです。
元がハワイアンモデルなので、このような出物がある時しか入手するチャンスはありません。
ブルースだけに限らず、いろいろな使い方が出来そうな良いスモールギターです。

良いサウンドのヴィンテージギターお探しなら是非この機会にご検討下さい!