VIEW COUNT 3538

Pre-War Guitars Co. Model 000-28 Distress level 2 (2018)

SOLDOUT

CONDITION:
EXF
TOP:
Torrefied adirondack spruce
SIDE   BACK:
Brazilian Rosewood
FINGER BOARD:
Ebony
BRIDGE:
Ebony
NUT WIDTH:
44.5mm
BRACING:
Scalloped X-Bracing(Forward Shifted)
PICKGUARD:
Tortoise
SCALE:
632mm
BINDING:
Ivoroid
TUNER:
Waverly 4076 Relic
CASE:
Harptone Case
ルシアーの紹介ページへ
NO VIDEO NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-6273-7585
blue-g@blue-g.com
営業時間(月曜定休)
平日 11:00~20:00
日祝 11:00~19:00

NO VIDEO

000-28 Brazilian Rosewood!!

カスタムオーダーモデルとして、トミーエマニュエルに納品された、C.G.Pモデルと、同じスペックのモデルの中古が入荷しました。トミーは、000-28モデルの他に、Jモデルを使用しており、あのデヴィット・グリアもルックス、サウンドに惚れ込んでHDモデルをオーダーしています。

アメリカのノースカロライナ州で製作されているプリウォーギターズ!
本物のヴィンテージギターのような枯れたサウンドと、迫力のあるルックスに、今世界中が注目している新しいブランドです。

美しいブラジリアンローズウッドを使った、000-28モデル!
明るい黄色の香ばしく焼けたトップの色味と、魅力的な杢目のサイドバック材
トミー仕様の使い込まれた雰囲気も素晴らしく、30年代のオリジナル000-28と見間違うほど、貫禄のあるギターです。

トップ材のアディロンダックスプルースは、こんがり黄色く焼けた風合い。
このギターのダメージは、レベル2です。
木に馴染んだ薄い塗装に、細かなウェザーチェックが走り、指板脇のピックウェアーは、
古いカントリーの時代のテイストを思わせてくれます。

サウンドホール回りのストロークの跡、サウンドホール内側の磨耗、ピックガード周辺の引き傷、低音弦側トップボトムのヘリンボーン近くのヒジの磨耗の様子など、ヴィンテージの所有者が移り変わり、時代を経て、長年の愛用によって、弾き込まれたヴィンテージギターの雰囲気が演出されています。

トップのサウンドボードとボディ内のブレーシング材は、すべてトリファイド加工のアディロンダックスプルースが使われています。
スプルース材の中にはサップ(樹脂)が多く含まれていますが、サップは木の中の糖分で、焼くことによってそれが硬いレジンの結晶となります。ヴィンテージギターのトップは、経年変化で上記のような状態となりますが、トリファイドシステムでは木材を焼くことでヴィンテージギターと同じ状態を再現しています。
この技術によりヴィンテージギターのように、香ばしいルックスと、スムーズで抜けの良い、カラッと枯れたサウンドを実現しています。

トップ外周のヘリンボーンは、PRE-WAR GUITARSの特注で、サイズ感をオリジナルに忠実に再現した寄木が使われています。パターンが、大きすぎず細かすぎず、中間の絶妙のサイズで、細部がよくなることで、雰囲気抜群です。

サイドバックはブラジリアンローズウッド。
写真ではほとんど黒く見えますが、肉眼で見ると、とても色が濃い中に、ショルダー近くに赤褐色のラインが入る美しいブラジリアンローズウッドです。
ボディサイドのブラジリアンも魅力的で、黒い縞模様や、赤褐色のラインが印象的です。この個体は、日本発入荷の000-28モデルとして、ショップオーダーした当時、Pre war Guitarsの工房にある材の中でもトップグレードの杢目を選びました!!

ネックも、厳選された良質な材で、縦ストライプが美しく、梨肌のような杢目で密度の高い、ヴィンテージライクな良質のホンジュラスマホガニーが使われています。
ヘッドのウェザーチェックや、マッドな質感に加え、チューナーはウェバリーのバタービーンつまみののオープンバックタイプ。レリック仕様のレトロなペグが、とても自然にはまっています。

指板&ブリッジには、良質なガボン産の真っ黒いきめ細かなエボニーが使われています。工房で、オリジナルで切り出される、ダイヤモンドインレイも味わい深く、黒い指板に涼しく輝きます。

オリジナル製作のピックガードも30年代の雰囲気で、マーブルな模様と落ち着いたブラウンの色合いがリアルです。鼈甲柄のピックガードが、トップのカラーとピッタリはまり、このレトロな顔は見事です。

ボディ内の、サイドの割れどめの茶色いリボンや、フォアードのXスキャロップブレーシングの、Xの位置のニカワが染み込んだ布の感じなど、ヴィンテージギター好きには嬉しい、非常にマニアックな仕上がりです。ブリッジピン、エンドピンなどの細かいパーツも、エイジド加工が施され、レトロなテイストを演出しています!

新品時とほとんど変わらず、
ボディ&ネック共に、コンディション良好の美品です。

ナット幅は44.5mm。
伝統的なダブテイルジョイント。接着にはニカワが使われ、塗装は極薄のニトロセルロースラッカーです。薄い塗装が、木に馴染んだ風合いで、ややマッドな仕上げなので、新らしい楽器を持っている感じがしません。握りやすいヴィンテージMARTINスタイルのマホガニーネックも、サラサラと手に馴染みやすく、良い感じです。

貫禄のあるルックスにふさわしく、出てくるサウンドも素晴らしいです。
1930年代を復刻するギターは、世界中で作られていますが、枯れたテイストが強く、ヴィンテージそっくりなスムーズな反応は、Pre-warの特徴です。
ウッディで、太い出音に加え、戦前のオールドに感じる、木材が引き締まった質感、すっきりと乾いた澄んだ響きは、ヴィンテージ好きにも、ルシアーギター好きにもオススメです。

OMモデルのような豪快な6弦。各弦の音圧感も太く、迫力のサウンドです。
632mmのショートスケールのテンション感の優しさがあり、弦がよく震える印象で、チョーキングや押弦がしやすく、ストレスなく、低音の図太さやハリのある高音、ボディの鳴り良いサウンドが、楽しめます!!
ぜひ、この機会にお試しください。