VIEW COUNT 437

Heinonen Guitars SJC (2021)

¥1,870,000. (税抜¥1,700,000.)

CONDITION:
NEW
TOP:
Italian Alpine Spruce
SIDE   BACK:
Brazilian Rosewood
FINGER BOARD:
Ebony
BRIDGE:
Ebony
NUT WIDTH:
44.5mm
BRACING:
Original X-Bracing
PICKGUARD:
SCALE:
644mm
BINDING:
Curly Koa
TUNER:
Gotoh 510 GOLD
CASE:
Original Tweed Hard Case
OTHER:
Olson Doves Finger board Inlay
OTHER:
Radial Wood Rosette
OTHER:
Abalone Top Purfling
NO VIDEO NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-6273-7585
blue-g@blue-g.com
営業時間(月曜定休)
平日 11:00~20:00
日祝 11:00~19:00

NO VIDEO

Drew Heinonen ドゥリュー・ハイノネンは、今アメリカでもっとも注目を集めている若手ルシアーの一人です。
日本初入荷の、ブラジリアンローズウッド仕様の新作が届きました!!

トップはイタリアンアルパインスプルース。
クリーミーな色白のトップ材に、パウアアバロンを使ったロゼッタやパーフリングのインレイがとても鮮やかです。
放射状のブラジリアンローズのウッドリングと、パウアアバロンインレイのロゼッタが印象的。
カーリーコアを使った、バインディングが美しく縁取り、バインディングの丸く面取りされている質感や、
カッタウェイの頂点の、ウッドパーフリングのつながりなど、細部まで精巧な作り込みです。

サイドバックは、ダークな色味のブラジリアンローズウッドが使われています。
黒い材で、照明を受けると、オレンジの褐色の模様が美しく素晴らしいルックスです。
バックのセンターストライプ、エンドピースの装飾も、パウアアバロンをリクエストし、とても良い雰囲気に仕上がっています!

ネックは、マホガニー、メイプル、ローズウッドを組み合わせた5ピース。
スマートなヘッド形状で、黒く光るエボニーのヘッドプレートにパールインレイのヘッドロゴが明るく輝き、精悍な印象です。
チューナーは、ゴトーの510のゴールドカラーです。

指板には、ヘッドから繋がる白いパーフリングが綺麗に走り、Olson Dovesの特徴的なインレイが施されています。
ヘッドプレート、指板、ブリッジと、密度のある黒いエボニーが使われ、
色白のトップ材、黒いブラジリアンローズウッドのサイドバックとモノトーンのシックな雰囲気の中に、
カーリーコアのバインディングが柔らかく、ウッディな質感を加えています。

ナット幅44.5mm。
基音のしっかりとした、立体的な深い鳴りでクリアーなトーン!!
艶やかな響きは、フィンガーピッキングで心地よく、サスティーンも美しく鳴ってくれます。
ストロークでもレンジが広く、とてもパワフルで上品なトーンです。
各弦、ボリュームたっぷりに、イタリアンアルパインらしい甘い余韻の粒立ちが細かく、太いサウンドです。

ルックス&サウンド共に、オススメの新作が入荷しました。
この機会に、ぜひ味わってみてください!!

SJC スモールジャンボのカッタウェイモデル!!
SJCは、ドゥリュー・ハイノネンが、ジム・オルセンから許可を受け、オリジナルのOlson SJの設計をベースとして製作した、美しいシェイプのスモールジャンボモデルです。
ドゥリューは、「ジム・オルセンから、Olson SJの設計図を元に、ギターを製作する許可をもらった際、非常に光栄に思いました」
と語っています。

ドゥリュー・ハイノネンの実力は彼の師である2人の大御所ルシアー達の言葉に裏付けられています!!
ジム・オルセン:「私の工房に来た時ドゥリュー・ハイノネンは、既にダナ・ボジョアの工房で腕を磨いた優れたルシアーだった。2年間私と一緒にギター製作をしてくれてとても嬉しく思っている。独立した彼はこれからどんどん素晴らしいギターを製作していくだろうと期待している。」
ダナ・ボジョア:「長年ボジョアギターからは素晴らしいルシアー達が巣立って行っている。ドゥリューはその中でもトップクラスで、高度なスキルと職人魂を兼ね備えている素晴らしいルシアーだ。彼は全体を見ながらディテールにも最新の注意を払うことが出来る。そして優れたギタープレーヤーでもある彼は、ギターのサウンド、演奏性などギタープレーヤーが求めているものを熟知している。それから彼はとってもフレンドリーでナイスな男なんだ。値段が上がる前に彼のギターは早く買っておくべきだね。」

ドゥリューは大学4年の時取った音響物理学で、ギターを使って行った音の波長、共鳴に関する研究発表を通してギターの構造に興味を抱くようになり、大学卒業後にミネソタ州レッドウィングの専門学校でギター製作・リペア過程を受講します。
そして在学中にダナ・ボジョアと出会い、ダナに誘われて卒業後メイン州のボジョアの工房で働くことになります。
ボジョア在籍中の4年半の間、バインディング、ネックの製作、ネックの仕込み、ボディーのサンディング、ボディーのボイシング、ジグなどの開発等幅広い作業を経験して、1500本以上のギターの製作に携わりました。
ミネソタ州に戻ったドゥリューは、2011年に工具とジグのセミナーでジム・オルセンに出逢い彼と意気投合し、ジムに招かれ彼の工房で2012年から2013年にかけて働くことになりました。この2年間の間、彼はジム・オルセンとともに80本以上のギターを製作し、個人工房でのギター製作の全ての工程を学びます。
そして現在、独立したドゥリュー・ハイノネンは、ミネソタ州グランドマレイに工房を構え、ハイクウォリティーなギターを製作しています。