VIEW COUNT 877

Martin D-18 (1952)

SOLDOUT

CONDITION:
EX++
TOP:
Spruce
SIDE   BACK:
Mahogany
FINGER BOARD:
Brazilian Rosewood
BRIDGE:
Brazilian Rosewood
NUT WIDTH:
42.9mm
BRACING:
Original Non-Scalloped X-Bracing
PICKGUARD:
Tortoise
SCALE:
645mm
BINDING:
Tortoise
TUNER:
Original
CASE:
Hard Case
NO VIDEO NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-6273-7585
blue-g@blue-g.com
営業時間(月曜定休)
平日 11:00~20:00
日祝 11:00~19:00

NO VIDEO

最近あまり見かけない50年代前半のD-18!
この個体は1952年製で、オリジナル度が高く、とてもサウンドが良いです!

TOPはスプルース。杢目が細かく、密度の高そうなとても良い材が使われています。

S/Bはマホガニー。とても綺麗なマホガニーで、サウンドホールの中を覗くと杢目が詰まっているのが良く分かります。

少し赤みのあるブラジリアンローズウッドが貼られたヘッドにはマーチンのデカールロゴ。
チューナーはオリジナルが残っていますが、1弦のペグが若干固くなっています。

指板、ブリッジはブラジリアンローズウッド。どちらも色が濃く、黒いラインが入るとても良い材です。
指板のポジションマークはパールのドットインレイ。指板サイドのポジションマークは小さなアイボロイドのドットです。
サドルは戦前と同じロングサドルの仕様です。

Style18のロゼッタにべっこう柄のオリジナルピックガード。このヴィンテージのピックガードはやはりとても雰囲気が良いです。
ボディのバインディングはトートイスで、ボディバックのセンターにはブラジリアンローズウッドの細いラインが1本装飾されています。

チューナー、ナット、フレット、サドル、ピックガード、ブリッジ、エンドピンはオリジナル。
ブリッジピンは5弦の物だけ変わっていますが、他の5本はオリジナルです。

ボディ、ネックの塗装は全てオリジナルで、タッチアップやオーバースプレーはありません。

ボディトップの左側に上からサウンドホールまでにかけてクラックがあり、修理済みです。

その他にピックガード右側にマーチンクラック、ボディバック右下に表面上の小さなクラックがありますが、どちらもとても軽い症状で、現状は全く問題ありません。

ナット幅42/9mm。若干厚みのある独特なVシェイプですが、このネックはとても握りやすく、好きな方も多いと思います。

オリジナルフィニッシュのボディから放たれるサウンドは素晴らしく、18らしいカラッとしていてとても音の抜けが良いです。
ストロークした時の音の出てくる早さや、一切無駄のない出音はとても完成されたサウンドだと思います。
マホガニーの明るく抜けのいいサウンドの中にもノンスキャロップブレーシングらしい音の艶と甘さがしっかりとあり、指で弾いても魅力のあるギターです。
強くストロークした時のキリッとした表情や、ボディのドライブ感は弾いていてとても気持ち良いです。

良いD-18をお探しの方には是非お勧めしたい1本です!店頭でお試しください!