VIEW COUNT 622

Martin 2-18 (1898)

¥935,000. (税抜¥850,000.)

CONDITION:
EX+++
TOP:
Adirondack Spruce
SIDE   BACK:
Brazilian Rosewood
FINGER BOARD:
Ebony
BRIDGE:
Ebony
NUT WIDTH:
46mm
BRACING:
Original Scalloped X-Bracing
PICKGUARD:
SCALE:
622mm
BINDING:
Brazilian Rosewood(TOP)
TUNER:
Original
CASE:
Hard Case
NO VIDEO NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-6273-7585
blue-g@blue-g.com
営業時間(月曜定休)
平日 11:00~20:00
日祝 11:00~19:00

NO VIDEO

アメリカ買付品!!!1898年製の2-18!!!
シリアルナンバーで管理される初年度の大変貴重な1本です!

TOPはアディロンダックスプルース。
少し見ただけでも近年の材とは違う雰囲気で、素晴らしい材だと思います。

S/Bはブラジリアンローズウッド。
黒いラインがあり、スパイダーウェブの杢目が出ている素晴らしい材です。
多くの方に知られているマホガニースタイルの18は1917年頃からで、それまではブラジリアンローズウッドが使われていました。(ちなみにスタイル17も同じで、こちらは1909年からマホガニーS/Bに変更)

ヘッドは四角い穴のスロテッドの仕様。ヘッドプレートはブラジリアンローズウッドです。
当時は職人の手作りで、穴の側面の部分は平らではなくRが付いていて、立体的な仕様になっています。
このような細かいところの美意識もとても高くて、よく見れば見るほどマーチンというギターの虜になると思います。
チューナーはオリジナルで、美しい彫刻の入った仕様です。
いくつかつまみ象牙から牛骨に変わっていますが、動作は良好です。

指板、ブリッジはエボニー。
こちらも色がとても黒く、密度のある素晴らしい材です。
この頃はまだ18スタイルでもポジションマークがありません。(スタイル18のポジションマークは1901年から)
ブリッジはピラミッドブリッジで、オリジナルの形で綺麗に残っています。

サウンドホール周りにはマルチカラーの寄木細工が入ったロゼッタ。
このマルチカラーの入ったロゼッタがとても雰囲気が良く、素晴らしいルックスだと思います。
このカラーの入ったロゼッタは1908年まで使われていました。

ボディ外周はロゼッタと同じくウッドのパーフリングで、ボディトップのみブラジリアンローズウッドのバインディングが巻かれています。

チューナー(つまみは6,2,1)、フレット、ブリッジはオリジナル。
ブリッジピンに関しては、当時は大きさにバラ付きがあり、どのピンがオリジナルかどうか判断が難しいです。
チューナのつまみ(3,4,5)、ナット、サドルは交換されています。

塗装は全てオリジナルで、ボディトップに2箇所クラック修理があります。
この頃のギターはとても材が薄く、軽く出来ており、どうしてもクラックは入ってしまうと思います。

ナット幅46mmのスパニッシュシダーネック。ブレーシングはファンブレーシングではなく、Xブレーシングです。

この時期のXブレーシングらしいキリッとしていてクリアなサウンド。
1800年代のマーチンのサウンドは本当に素晴らしく、軽く爪弾くだけでレスポンス良く音が前に飛んで行きます。
当時からマーチンの甘いトーンは健在で、リビングで弾くギターとしては本当に最高だと思います。
何を弾いても様になるサウンドで、ジャズやボサノヴァなども良く合うと思います。
この時期ならではの単音を鳴らしただけで震えるボディや小さいボディですがそれを感じさせない音量と音抜けの良さは本当に魅力的だと思います。

是非一度この年代のマーチンを触ってみてください。お勧めの1本です!!!