VIEW COUNT 422

Gibson J-45 (1957)

SOLDOUT

CONDITION:
EX+
TOP:
Spruce
SIDE   BACK:
Mahogany
FINGER BOARD:
Brazilian Rosewood
BRIDGE:
Brazilian Rosewood
NUT WIDTH:
42.8mm
BRACING:
Original X-Bracing
PICKGUARD:
Original
SCALE:
628mm
BINDING:
White
TUNER:
Original KLUSON
CASE:
Hard Case
NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-6273-7585
blue-g@blue-g.com
営業時間(月曜定休)
平日 11:00~20:00
日祝 11:00~19:00

NO VIDEO

人気の高い50年代J-45の入荷。
1957年製。初期のアジャスタブルサドルのソリッドなサウンド!!
音の良い、オススメのヴィンテージです。

トップは杢目の詰まった美しいスプルース。
50年代のサンバーストフィニッシュは、ブリッジ周囲の明るいイエローゾーンから、サンバースト外周の黒いゾーンへのグラデーションも美しく、中間の赤いカラーも綺麗で、アーチトップギターにも通じる、なんとも絶妙の質感です。

サイドバック&ネックは密度の高いホンジュラスマホガニーが使われています。シースールーのブラウンカラーに、マホガニーの杢目が走り、とても美しいです。

特徴的な黒いヘッドは、GIBSONのゴールドのロゴ。
ペグはクルーソンデラックスの三連チューナー。1956年頃から、ギアカバーの中央に、一列刻印のKLUSON DELUXEの文字が入ってきます。
指板のブラジリアンローズウッドのダーク色合いに、白いパールのドットポジションマークが涼しく輝きます。

トップのサウンドホールロゼッタは白黒白パターンのワンリング。べっ甲柄のラージピックガードはアンダーフィニッシュの光沢感があり、深く赤い色も美しく、雰囲気抜群です。
アッパータイプのベリーブリッジは、美しいブラジリアンローズウッドが使われています。

全体に、かなり昔にオーバースプレーされているようですが、
その後、使い込まれ、細かなウェザーチェックが走り、ネック裏ローフレットの塗装の剥がれや、指板の使用感、
サイドバックのバックの塗装の質感を見ると、とても貫禄のあるヴィンテージギターのルックスです。

交換パーツは、フレット交換と、
ペグボタンのレトロなクリーム色のレプリカパーツへの交換。
1弦側、指板脇のクラック補修。バックの6弦側のくびれのヘアラインクラックリペアはありますが、
全体にパーツのオリジナル度も高く、ボディ&ネックコンディションともに抜群の状態です。

ナット幅42.8mm。
よく手に馴染むUシェイプで、握りやすい素晴しい感触のマホガニーネックです。

この年代のJ-45はボディ鳴りが抜群に良く、サスティーンが深いのが特徴的です。
くっきり明るく、ストレートに、音が前にすっと走ってくれる感触があります。
この個体は、アジャスタブルの初期、金属土台の固定式サドル風。
トーンは骨太!!ボディのウッディな反応があり、各弦太く、パワフルです。

立体的なクリスタルな響きは、真空管アンプのクリーントーンを思わせる、美しく、充実した芯のあるサウンドです。
とてもパンチがあり、切れ味鋭く素晴らしい楽器です。
サウンド抜群の、とても貴重なヴィンテージです!!お早めに!!