VIEW COUNT 1488

Martin OM-28 herringbone (1931)

SOLDOUT

CONDITION:
EX+
TOP:
Adirondack Spruce
SIDE   BACK:
Brazilian Rosewood
FINGER BOARD:
Ebony
BRIDGE:
Ebony
NUT WIDTH:
44.5mm
BRACING:
Scalloped X-Bracing(Forward Shifted)
PICKGUARD:
Original
SCALE:
645mm
BINDING:
Ivoroid
TUNER:
Waverly
CASE:
Hard Case
NO VIDEO NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-6273-7585
blue-g@blue-g.com
営業時間(月曜定休)
平日 11:00~20:00
日祝 11:00~19:00

NO VIDEO

歴史的にも大変価値の高いオリジナルOM-28が入荷しました。

1929〜33のわずか5年間しか生産されておらず、USAヴィンテージ市場でもめったに売りに出ず、
コンディションの良い個体がほとんど出回らないレアギターです。

31年から仕様変更されたラージピックガード仕様で、
ヘッドにまだロゴがなく、初期のバンジョーチューナーの穴の位置のなごりか、ペグとペグの間隔が広い並び方になっているのが、
とてもレトロな雰囲気です。

トップは杢目の詰まったアディロンダックスプルース。経年の味わい深い風格があります。
オリジナルのピックガードの質感もすばらしく、赤味が強く、とても美しい素材です。

ロゼッタの、ウッドパーフリングの仕上げや、ヘリンボーンのウッドトリム。
アイボロイドのボディバインディングなど、細部も味わい深いスペック。
トップ外周のラインがまるく、オリジナルOMならではの、独特の顔をしています。

サイドバックはすっきりと杢目の詰まった柾目のブラジリアンローズウッドが使われています。
赤味が強く、黒いハカランダで、MARTINで、原木から切り出していた古いハカランダ材の、ヴィンテージギターに見られるノコギリの跡が確認できます。
バックセンターストライプのジグザグの寄せ木も存在感があり、バックのトリムや、エンドピースの周囲も、ウッドパーフリングで仕上
げられています。

ヘッドの形状がスマートで、大きめのダイヤモンドボリュートや、ネックヒールの仕上がりなども、美しいです。
薄いVシェイプの、マホガニーネックはエボニーロッド仕様。エボニーの指板は、バーフレット仕様です。
ポジションマークは、ショートパターンの初期のスロテッドダイヤモンドで、手作り感があり味わい深いです。

ペグ、ブリッジ、ナット、サドル、フレット エンドピン交換。
ピックガードはオリジナルで、ブリッジピンは、レトロな形をしていて、オリジナルパーツだと思われます。

塗装は、基本的にオリジナルで、
トップの一部、タッチアップ。サイド1弦側、クラック補修と塗装のタッチアップ。6弦側、打痕に一部タッチアップ。
ネック全体にオーバーコートがあります。
ピックガードのMARTINクラックの補修の裏からの駒をあてた補修。
トップブリッジ下のクラック補修の駒あて。
指板エンドのクラック補修など、修理歴はありますが、
ボデイ&ネック共にコンディション良好の美品です。

ギターが軽く、ネックからボディまで全体で震えて鳴ってくれます。
太くパワフルな鳴りはオリジナルOM-28ならではです。
長年使い込まれてきた、芳醇なサウンドは圧巻で、クリアなのに色気のある倍音感。スムーズな抜けはストレス感がまったくありません。太く存在感のあるトーン。芯がしっかりとした澄み切った響きで、
ヴィンテージサウンドが堪能できる一本です。

抱えやすいボディサイズで、ロングスケールの力強いサウンド。
握りやすい、薄めのネックシェイプなど、1931年に、じつに現代的な設計が完成されていた、
ワールドスタンダードのOMモデルの、オリジナルです。
滅多に触れる事が出来ませんので、ぜひこの機会にお試しください!!