VIEW COUNT 1032

Martin 000-18 (1946)

¥1,430,000. (税抜¥1,300,000.)

CONDITION:
EX++
TOP:
Sitka Spruce
SIDE   BACK:
Mahogany
FINGER BOARD:
Brazilian Rosewood
BRIDGE:
Brazilian Rosewood
NUT WIDTH:
42.4mm
BRACING:
Original Non-Scalloped X-Bracing
PICKGUARD:
Original
SCALE:
633mm
BINDING:
Tortoise
TUNER:
Original
CASE:
Original Hard Case
NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-6273-7585
blue-g@blue-g.com
営業時間(月曜定休)
平日 11:00~20:00
日祝 11:00~19:00

NO VIDEO

アメリカ買付品!!!
近年、特に人気が上がっている1940年代後半のマーチンギター。
今回は1946年製の000-18が入荷しました!

TOPはベアクローの入ったシトカスプルース。
1946年の18スタイルのギターにはこのようなベアクローのスプルースを使った個体が少数あります。
経年変化で焼けたTOPの色はとても雰囲気良く、ヴィンテージギターらしいルックスです。

S/Bはマホガニー。
縞模様の出ている美しい材で、よく見ると横方向に杢の出ている素晴らしい材が使われています。

ヘッドの表にはブラジリアンローズウッドのヘッドプレート。縦に流れる杢目のラインが美しいです。
マーチンのロゴも雰囲気がとても良いです。
チューナーはオリジナルのウェーバリーが付いており、つまみも全てオリジナルが残っています。

指板、ブリッジはブラジリアンローズウッド。
ポジションマークはパールのドットマークで、サドルはロングサドルの仕様です。

スタイル18のロゼッタにベッコウ柄のピックガード。この時代のピックガードは色や質感がとても良い物です。
ボディのバインディングはトートイスの仕様です。

チューナー、ピックガード、ブリッジはオリジナル。
ナット、フレット、サドル、ブリッジピン、エンドピンは交換されています。

ボディの弾き傷部分、サウンドホール横が部分的にタッチアップされていますが、その他は全てオリジナルフィニッシュ。

ボディの両サイドに複数割れの修理がありますが、トップとバックはノークラックです。

当店入荷後にネック調整、フレット交換、ナットとサドルを交換して調整済みです。

ナット幅42.4mmのフィギュアドの杢が入ったマホガニーネック。
この46年頃は歴代マーチンの中でも1,2位を争うほどネックが太いことでも知られています。
それでもGibsonの古い物程ではなく、しっかりと握りやすく。緩いVシェイプです。
46年はエボニーロッドとTバーロッドのどちらの仕様もあり、46年製の全体の数およそ2/3はエボニーロッド、1/3はTバーロッドの仕様です。
この個体はエボニーロッド仕様になります。

エボニーロッドらしい軽やかでレスポンスの良いサウンドですが、スキャロップ期の物に比べると音が甘く、音の太さが感じられると思います。
音のバランスは文句の付けようがない程完璧で、レコーディングで使うギターとしては最高の1本だと思います。
この頃のマーチンのギターはとても鳴りが良く、ストロークで弾いてもとても気持ちいいと思います。
フィンガーでラグタイムなど軽快なリズムにもしっかり反応しますし、バラード系の優しい曲を弾くと甘く優しい極上のサウンドが出てきます。
30年代の物とはまた違うサウンドですが、この頃のマーチンの音の良さは30年代に全く引けを取らないと思います。

この年代はアメリカでもとても人気で、30年代の物より市場に出てくる機会が少ないです。
アメリカでのヴィンテージギターの値段の高騰が凄いこともあり、今後いつ同じようなギターを用意出来るかは分からない状況です。
50年代、60年代で満足出来ない方には是非お試し頂きたいギターです。スタッフお勧め品!!!