VIEW COUNT 2050

Martin D-18 (1941)

¥ASK

CONDITION:
EX+
TOP:
Adirondack Spruce
SIDE   BACK:
Honduras Mahogany
FINGER BOARD:
Ebony
BRIDGE:
Ebony
NUT WIDTH:
42.9mm
BRACING:
Scalloped X-Bracing(Rear Shifted)
PICKGUARD:
Original
SCALE:
647mm
BINDING:
Tortoise
TUNER:
Waverly
CASE:
Hard Case
NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-6273-7585
blue-g@blue-g.com
営業時間(月曜定休)
平日 11:00~20:00
日祝 11:00~19:00

NO VIDEO

アメリカ買付品!!!
最近、お問い合わせの多いD-18!その中でも1941年製のD-18が入荷しました!
今まで弾き込まれたきた個体のようで、抜群の鳴りとサウンドの1本です!

TOPはアディロンダックスプルース。
美しく焼けたルックスは素晴らしい雰囲気で、これぞ戦前のドレッドノートと言えるような風格があります。
使われている材もこれ以上ない素晴らしい杢目で、もう見るだけで音の良い個体と判断出来るような最高のスプルースです。

S/Bはホンジュラスマホガニー。
柾目の美しい杢目で、ブラジリアンローズウッドに並び最も優れたトーンウッドの一つだと思います。

ブラジリアンローズウッドの突き板が貼られたヘッドにはオリジナルのマーチンロゴ。
チューナーとブッシュは交換されており、ウェーバリーのチューナーとコンバージョンブッシュが付いています。

指板、ブリッジはエボニー。
使われているエボニーはきめ細かく、真っ黒で、現在では手に入らない素晴らしい材です。
ポジションマークはアバロン貝の小さなドットスタイルです。
ブリッジは交換されていますが、オリジナルと同様のロングサドルのスタイルになっています。

シンプルな18スタイルのロゼッタにオリジナルのベッコウ柄のピックガード。
この時は少し赤みの強いカラーのピックガードです。

ボディトップの外周には白と黒のパーフリングが入り、ボディにはトートイスのバインディングが装飾されています。

ピックガードとエンドピンはオリジナル。
チューナー、ナット、フレット、サドル、ブリッジ、ブリッジピン、ブリッジプレートは交換されています。

ピックガード左横に表面上のマーチンクラック、ボディサイドにいくつか軽いクラックの修理があります。
また、ボディサイドにステッカーの痕が薄く残っています。

軽いタッチでも凄くボリューム感があり、ドレッドノートらしい迫力のあるサウンド!
しっかり弾かれてきた個体だけあって、ボディ全体が震えて、熟れた抜けの良い極上のヴィンテージサウンドです。
力強い低音弦の音と各弦のクリアなサウンドはこの時代のオリジナルならでは。
音を出した瞬間に他のギターとの違いを感じて頂けると思います。
リアシフトのスキャロップブレーシング特有の美しい倍音と音のまとまり方は弾いていて気持ち良く、アコースティックギターサウンドの一つの頂点として語り継がれるトーンだと思います。
低域の音が出るように設計されているD-28と比べて、より全音域が綺麗に出るバランスの優れたトーンで、D-18らしい音抜けの良さはD-28にはない大きな魅力です。

良いサウンドのドレッドノートお探しの方にはおすすめの1本です!是非、お問い合わせください!