VIEW COUNT 1160

Martin 000-28 Herringbone (1946)

¥ASK

CONDITION:
EX++
TOP:
Spruce
SIDE   BACK:
Brazilian Rosewood
FINGER BOARD:
Ebony
BRIDGE:
Ebony
NUT WIDTH:
42.2mm
BRACING:
Original Non-Scalloped X-Bracing
PICKGUARD:
Original
SCALE:
632mm
BINDING:
Ivoroid
TUNER:
Original Waverly
CASE:
Hard Case
NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-6273-7585
blue-g@blue-g.com
営業時間(月曜定休)
平日 11:00~20:00
日祝 11:00~19:00

NO VIDEO

1946年製の000-28!
オリジナルヘリンボーン最終年の1本で、素晴らしいサウンドの1本です!

1946年に製作された000-28は134本。
アディロンダックスプルースは1945年まで使われており、この1946年製はシトカスプルースに変更された年でもあります。
つまり、オリジナルヘリンボーンの000-28でシトカスプルーストップの物はどんなに多くても134本しか存在しないということになります。

TOPはスプルース。杢目を見てもシトカスプルースで間違いないでしょう。
横方向に細かい杢が出ており、光の反射でキラキラと光る素晴らしい質感のスプルースです。

S/Bはブラジリアンローズウッド。こちらは柾目の素晴らしい材が使われています。

ブラジリアンローズウッドのヘッドプレートにマーチンのデカールロゴ。
チューナーはオリジナルで、Waverlyの物が付いており、動作は良好です。

指板、ブリッジはエボニー。指板にはパールのドットポジションマークが入り、サドルはロングサドルの仕様です。

スタイル28のロゼッタにオリジナルのベッコウ柄のピックガード。
この個体のピックガードは色が濃く、渋い雰囲気があります。

ボディのトリムはヘリンボーン。ボディのバインディングはアイボロイドの仕様です。

チューナー、ピックガード、ブリッジはオリジナル。
ナット、フレット、サドル、ブリッジピン、エンドピンは交換されています。

ボディトップのセンターシーム下部とボディバックのセンターより少し右側にクラックの補修がありますが、実物を見るとそんなに目立たないと思います。

塗装が全てオリジナルフィニッシュの1本です。

ナット幅42.2mm。この個体はTバーロッドの仕様で、ネックのシェイプは太く、厚みがあります。

46年製らしいカラッとしたサウンドですが、シトカスプルースらしいキラッとした倍音感もあり、絶妙なサウンドです!
000らしい音のバランスの良さはもちろん、プレーン弦の音の太さなど、後年の000-28にはないサウンドだと思います。
今までしっかりと弾き込まれてきた個体で、弾いた時のレスポンスが抜群に良く、ボディの鳴りも素晴らしいです。
しっかりとボディの木の音が感じられ、それに加えて鉄弦の倍音感も綺麗に出ていると思います。
マーチンのトーンの良さを存分に味わえる良い個体です!

良い000-28をお探しだった方はこの機会にご検討下さい!
オリジナルヘリンボーンの貴重な1本です!