VIEW COUNT 547

Martin D-28 (1963)

SOLDOUT

CONDITION:
EX++
TOP:
Spruce
SIDE   BACK:
Brazilian Rosewood
FINGER BOARD:
Ebony
BRIDGE:
Ebony
NUT WIDTH:
42.5mm
BRACING:
Non Scalloped X-Bracing
PICKGUARD:
Tortoise
SCALE:
645mm
BINDING:
Ivoroid
TUNER:
Original
CASE:
Hard Case
NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-6273-7585
blue-g@blue-g.com
営業時間(月曜定休)
平日 11:00~20:00
日祝 11:00~19:00

NO VIDEO

アメリカ買付い品!! 1963年製 D-28が入荷しました。
コンディション&サウンドともにオススメのヴィンテージです!

トップのスプルースは、明るいレモン色に焼け、
綺麗なトップカラーに、鼈甲柄のダークな色味のピックガードも雰囲気良く、
ロゼッタやバインディングの白い線がくっきり映えます。
サウンドホール周りや、ピックガード周辺に、弾きこれてきたピックウェアーのダメージが入り、
貫禄のあるヴィンテージ、とても良い顔のD-28です。

サイドバックも素晴らしく、ストレートで木目の詰まった柾目のハカランダ材が使われています。
まだ、ブラジルから原木で輸入し、板に切り出していた名残の、ノコギリの目が走る材で、
とても素直な柾目の赤褐色の色味もよく、黒い縞が走り、渦巻きのよう模様がとことどころアクセントになった、魅力的なルックスです。
まだアイボロイドのバインディングが使われている時期で、淡い象牙模様のレトロな質感も渋いです。

マホガニーのネックは、頂点のなだらかなVシェイプ。細くスリムな握りこみやすいネックです。
鮮やかなブラジリアンのヘッドプレートにMARTINのダークなロゴ。グローバーの102。パテント刻印のロートマチックです。
60年代中期向かいコナーが丸く、縦に細いヘッド形状に、大きなワッシャーのグローバーペグの特徴的なルックスです。

指板と、ブリッジはエボニー。ポジションマークは、シンプルなドットのマザーオブパールインレイです。

ネック裏の塗装が剥げるほど使われており、
ボディのショルダー部や、ボトムに塗装のダメージがあり、使われてきた楽器です。
フレット、ブリッジ、エンドピンの交換。ネックヒールのストラップピンの取り付けがあります。
オリジナルのペグ、ピックガード。ブリッジピンは、鼈甲ドットのオリジナルで、一個だけ黒ドットのピンに代わっています。
トップボトムの薄くオーバースプレーがありますが、
オリジナル塗装で、ボディ&ネック共にコンディション良好です。

とても反応の良い個体で、ボリューム感があり、倍音たっぷりに鳴ってくれます。
ドライな乾いた明るいサウンドで、和音が心地よく、余韻が長く、深いリバーブ感が心地よいです。

ストロークでのバランスの良さ、パワフルさや爽快感は、60年代のなかでも傑出した個体です。
フィンガーで優しく弾いた時でも音がよく立って、繊細な透き通るような響き、
古いブラジリアンローズウッド特有の色気と艶が楽しめます。生まれ年の一本としても、オススメのヴィンテージです。
ぜひ、この機会にお試しください!!