VIEW COUNT 1421

Martin OMC-18VLJ Laurence Juber Model (2002)

SOLDOUT

CONDITION:
EX+
TOP:
Adirondack Spruce
SIDE   BACK:
Mahogany
FINGER BOARD:
Ebony
BRIDGE:
Ebony
NUT WIDTH:
45mm
BRACING:
Scalloped X-Bracing(Forward Shifted)
PICKGUARD:
Original
SCALE:
645mm
BINDING:
Tortoise
TUNER:
Waverly
CASE:
Original Hard Case
NO VIDEO NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-6273-7585
blue-g@blue-g.com
営業時間(月曜定休)
平日 11:00~20:00
日祝 11:00~19:00

NO VIDEO

フィンガー系ギタリストの間で人気の高いローレンス・ジュバーのシグネーチャーモデル。
2002年に発売された最初のモデル、OMC-18VLJが久しぶりに入荷しました。

TOPはアディロンダックスプルース。
杢目がハッキリと均一に出ているとても良い材が使われています。

S/Bはマホガニー。
こちらはとてもきめ細かなマホガニーで、シグネーチャーモデルとして素晴らしい材が選ばれています。

ヘッドにはブラジリアンローズウッドの突き板とマーチンのデカールロゴ。
チューナーはオリジナルのウェーバリーが付いています。

指板、ブリッジはエボニー。
指板のポジションマークにはオリジナルのOMと同じく、5,7,9Fにドットが入っています。
サドルはショートスタイルになっていますので、ピックアップを入れることも可能です。

スタイル18のロゼッタにノンピックガードの仕様。ボディのバインディングはトートイスです。

マーチンの000サイズのボディにドレッドノートと同じスケール。
それにカッタウェイボディが加わり、万能なギターに仕上がっています。

全体的に打痕、擦り傷など使用感ありますが、楽器としてのコンディションは良好です。
当店入荷後にフレットすり合わせなど調整済みで、即戦力の1本です。

アディロンダックスプルースらしい粘りのあるトルクフルな出音に加えて、マホガニーらしい抜けの良いサウンド。
各弦の音が太く響き、軽いタッチでもしっかりと鳴ってくれます。
製作から20年経って弾き込まれていることもあり、とてもふっくらとした鳴りとサウンドが楽しめます。
ハイポジションを弾いてもしっかりと音が前に出ますし、表現力豊かなギターだと思います。

カッタウェイボディのマーチンとして魅力的な価格だと思います。お勧めの1本です!