VIEW COUNT 1083

Blazer & Henkes Milwaukee Jumbo Style-44 (2006)

¥2,200,000. (税抜¥2,000,000.)

CONDITION:
EX+++
TOP:
Alpine Spruce
SIDE   BACK:
Brazilian Rosewood
FINGER BOARD:
Ebony
BRIDGE:
Ebony
NUT WIDTH:
44mm
BRACING:
Original Scalloped X-Bracing
PICKGUARD:
SCALE:
645mm
BINDING:
Ivoroid
TUNER:
Original
CASE:
Original Hard Case
NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-6273-7585
blue-g@blue-g.com
営業時間(月曜定休)
平日 11:00~20:00
日祝 11:00~19:00

NO VIDEO

ブレイザー&ヘンクス Milwaukee Jumbo Style-44

ドイツのルドルフ・ブレイザーとウィリアム・ヘンクスの共同製作で、
もともと年間生産本数も少なく、日本への入荷数も希少で、ほとんど見る事のできない貴重なギターです。

2006年にショップオーダーで製作した、このMilwaukeeは、
30年代のラーソンブラザーズのJumboを復刻した、ルックス、サウンド共に魅力的なカスタムモデルです。

トップ材は、アルパインスプルースで、明るく黄色いトップカラーが美しく、アバロンインレイの装飾がとても映えます!!
アバロンとロープパターンの寄せ木による、太いパーフリング装飾の存在感!!
ロゼッタのファンシーな装飾は、19世紀ギター思わせるとても精巧なインレイワークで、ヨーロッパテイストなデザインと、色鮮やかなアバロン、パールが組み合わさり、このギターを見た瞬間に、まず目を奪われてしまうと思います。

サイドバックはブラジリアンローズウッド。
このジャンボボディのサイズで、エキゾチックな杢目の美しい材が使われています。

マホガニーネックも素晴らしい質感で、独特のラーソンスタイルのヘッド形状。
黒いエボニーのヘッドプレートに、ソリッドインレイが鮮やかで、とても明るく輝きます。

指板、ブリッジはエボニー。ポジションマークのパターンは、とてもレトロで、
ブリッジの形状も細かく再現され、ファンシーなインレイが施されています。

ラーソンブラザーズの精巧な復刻として、ブレーシングはスプルースにローズウッドを挟み込んだラミネート構造のブレーシング材が再現されています。

エンドピン穴がジャックサイズ加工されており、ウッドのアタッチメントで、オリジナルピンで使えるようになっています。
ヘッド頂点の当て傷や、細かなダメージはありますが、全体に使用感の少ない美品。ボディ&ネック共に、抜群のコンディションです。

ナット幅44mm。やや肉厚なUシェイプ。よく手に馴染む、すばらしいフィーリングです。

ラーソンブラザーズは、MARTIN社より、先に鉄弦のギターを開発していたことで有名です。
兄弟二人の一代限りの伝説は、30年代に終わり。その後MARTINが世界を席巻していく歴史になりますが、
生音で、大きなサウンドを出す。そのための工夫、たくさんのアプローチをした、ヴィンテージマニアの愛好する、ラーソン。

そのラーソンギターを徹底的に研究し尽くしただけあって、サウンドも抜群で、
芯が太く、甘くウッディな響き。ハンマリングや、ベース音の、アメリカン乾いた響きは、オールドタイムミュージックのトーンを感じさせてくれます。

実音の太さが素晴らしく、存在感のある立体的な5.6弦。
どっしりと中域も懐が深く、1.2弦のプレーン弦の粒だちよく明るい鈴鳴り感。
ボリューム感があって、力強い音が特徴で、ジャンボボディならではの余裕があって、たっぷりと響き。
美しいリヴァーブ感のある素晴らしいサウンドです。

プリウォーマーチン、ギブソンとは異なった、30年代のラーソンサウンドを追求した、すごみのあるトーンは、
非常に魅力的で、カウボーイミュージックの時代に戻ったような、気分の出る素晴らしい楽器です。