VIEW COUNT 566

Gibson J-50 (1956)

SOLDOUT

CONDITION:
EX+++
TOP:
Spruce
SIDE   BACK:
Mahogany
FINGER BOARD:
Brazilian Rosewood
BRIDGE:
Brazilian Rosewood
NUT WIDTH:
42.5mm
BRACING:
Non Scalloped X-Bracing
PICKGUARD:
Original
SCALE:
631mm
BINDING:
White
TUNER:
KLUSON
CASE:
Hard Case
NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-6273-7585
blue-g@blue-g.com
営業時間(月曜定休)
平日 11:00~20:00
日祝 11:00~19:00

NO VIDEO

1956年製!!
50年代の素晴らしいサウンドのJ-50が入荷しました!!

トップは素晴らしいスプルースが使われていて、木目が美しく、細かく繊維が走っています。
レモン色に焼けた明るい顔で、とても貫禄のあるのJ-50です。
白黒白の3プライのワンリングロゼッタ。
ダークなトートイスカラーの、ラージピックガードも存在感があり、味わい深いです。

ブラジリアンローズウッドのブリッジは、特徴的な黒い縞模様が走る、魅力的なルックスです。
初期のアジャスタブルサドルで、金属の土台に通常の固定式サドルと同じ素材のデルリンが使われています。
サドルもブリッジピンなど、パーツはオリジナルです。

サイドバック、ネックは、美しいホンジュラスマホガニー。
明るいブラウンカラーのフィニッシュに、綺麗な杢目が流れて、すばらしいルックスです。

塗装も綺麗で、黒く精悍なヘッドには、Gibsonのゴールドモダンロゴが美しく輝きます。

指板は、赤黒いブラジリアンローズウッドが使われ、特徴的な黒い縞模様が走ります。
指板ブリッジ共に、とても美しいブラジリアンが使われています。

入荷後、チューナーを、クルーソンの復刻ペグに交換。
ローポジションの5Fまで、リフレットしています。
その他、修理は、サウンドホール近くの、1弦側、指板エンドのクラック補修。
バックボトムにクラック補修がありますが、入荷後オーバーホール済み。
演奏しやすくセッティングされた、おすすめのヴィンテージです。

チューナーと、フレットの交換以外は、全てオリジナルパーツで、オリジナル塗装の美品。
クラック補修以外は、オリジナルの雰囲気のまま残っていて、手が加えられておらず、ボディ,ネックとも抜群のコンディションです。

ナット幅42.5mm。やや肉厚の、丸くしっかりしたUシェイプで、絶妙の握り心地のマホガニーネックです。

とても乾いた、明るいサウンドで、
各弦が力強く、太く存在感のあるトーン!!

50年代後期に入り、ストレートでパンチのあるキャラクター。
金属的な響きが感じられ、力強さ、ボディ鳴りの良さは、ヴィンテージを弾いているという感覚を強く感じさせてくれます。

ノーマルな固定式サドル、セラミックのアジャスタブルサドルとも、表情の違う、
金属アジャスタブル独特の、骨太感が爽快です。
ストロークすると、実音の太い、音色の良さが心地よく、とてもパワフルなJ-50です。
サウンド抜群の、貴重なJ-50です!!