VIEW COUNT 591

Martin 0-18 (1939)

SOLDOUT

CONDITION:
EX++
TOP:
Adirondack Spruce
SIDE   BACK:
Mahogany
FINGER BOARD:
Ebony
BRIDGE:
Ebony
NUT WIDTH:
42.3mm
BRACING:
Original Scalloped X-Bracing
PICKGUARD:
Original
SCALE:
632mm
BINDING:
Tortoise
TUNER:
Waverly
CASE:
Hard Case
NO VIDEO NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-6273-7585
blue-g@blue-g.com
営業時間(月曜定休)
平日 11:00~20:00
日祝 11:00~19:00

NO VIDEO

貴重なプリウォー期、1939年製の0-18が入荷しました!!
0サイズの小さいギターですが、素晴らしいサウンドの1本です!

TOPはアディロンダックスプルース。スタイル18ですが、この個体には杢目が細かく、綺麗に揃っている材が使われています。
綺麗に日焼けしており、30年代らしい独特な雰囲気を持った素晴らしい外観のギターです。

S/Bはマホガニー。とてもきめ細かな美しいマホガニーで、この当時はホンジュラス産のマホガニーが使われています。

柾目のブラジリアンローズウッドのヘッドプレートに金のデカールロゴ。
指板、ブリッジはエボニー。使われているエボニーはとても詰まっており、色が濃く、素晴らしい材です。
指板の小さいドットのポジションマークにはパールが使われ、サイドのドットポジションマークにはアイボロイドが使われています。
ブリッジとブリッジプレートはオリジナルより大きなサイズのものに交換されています。
スタイル18のシンプルなロゼッタに30年代特有の味わい深い茶色いオリジナルのべっこう柄のピックガード。
チューナーはウェーバリィのバタービーンタイプに交換されており、動作はスムーズです。

トップのブリッジ周りに貼り直した痕、ブリッジ下に短いセンターシームクラックの修理痕とトップの膨らみがありますが、
年代を考えるとキズは少なく、ヴィンテージギターらしいとても良い雰囲気のコンディションの良いギターです。
気になるような指板、フレットの減りもなく、弦高も12Fの6弦で2.5mm、1弦で2mmと弾きやすくセットされています。
ナット幅42.3mm。マホガニーネックのスティールTロッド仕様。この頃のネックはとても評判が良く、少し薄めでハイポジションまで握り心地の良いシェイプです。

0サイズとは思えない程の音量と図太いサウンドで、圧巻のサウンド!
とにかく弦を弾いてから音が出てくるまでの反応が抜群に速く、それと同時にボディが震える感覚は30年代のマーチンならではだと思います。
小さいサイズの0-18ということで、少し軽やかでマホガニーらしい明るく抜けの良い音ですが、他の年代のギターとは比べものにならないほどトルクフルなサウンドです。
弱いタッチで爪弾いてもストレスなしに出てくれる優しく深みのあるトーンと綺麗に響く残響音が素晴らしい!!
強く弾いても音が潰れないですし、高音域の芯のあるクリアなサウンドは本当にプリウォーマーチンらしいと思います。

このサウンドに加え、00、000サイズよりも少し厚みのある0サイズのボディは抱え心地がよく、長時間弾いていても疲れにくいので、手に取る回数も増えると思います。
サイズやスタイル問わず、ヴィンテージマーチンがどんな音か知りたい方に是非お試し頂きたいギターです!オススメの1本です!