VIEW COUNT 916

Gibson Nick lucas Special (1928)

SOLDOUT

CONDITION:
EX+
TOP:
Adirondack Spruce
SIDE   BACK:
Honduras Mahogany
FINGER BOARD:
Brazilian Rosewood
BRIDGE:
Brazilian Rosewood
NUT WIDTH:
44.9mm
BRACING:
Original A Bracing
PICKGUARD:
SCALE:
615mm
BINDING:
White
TUNER:
Waverly
CASE:
Hard Case
NO VIDEO NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-6273-7585
blue-g@blue-g.com
営業時間(月曜定休)
平日 11:00~20:00
日祝 11:00~19:00

NO VIDEO

ギブソンが提供した最初のアーティストモデルとして、1927年から生産されたニック ルーカスモデル。
1928年製 で12フレットジョイント仕様のもっとも初期のニック ルーカスモデルが入荷しました。

ニック ルーカスモデルは1927年から1941年までの間、様々な仕様変更があり、同名モデルとしては非常に多種なバージョンが作られていますが、どの仕様も非常に完成度が高く、それぞれの年代、仕様でフアンの多いギターです。Nick Lucas Specialの名の通り、特別に作られたモデルなので生産数も他のモデルよりも少なく、市場にもなかなか出てこない高級ギターです。
1937年から1941年にかけて57本の出荷記録が確認されていますが、それ以前は不明。総生産本数はおそらく約100本位とも言われており、マーチンのオリジナルD-45やローズウッドのSJ-200とほぼ同じくらい珍しいものになっています。

ニックルーカスモデルはボディ内部の白いラベルにシリアルナンバーが書いてありますが、1928-29年頃にラベルだけ先に大量に作られており、このシリアルナンバーは正確な年代を特定するのに信用性がありません。
年代を特定するにはネックブロックに書いてあるFONナンバー(Factory Order Number)を見るのですが、この個体のFONナンバーは9010。資料によると、このFONナンバーが使われたのは1928年となっています。(FONナンバーは全て資料として残されている訳ではなく、不明な物も多くあります)
このギターのボディは初期モデルの13 1/2サイズ。
TOPはアディロンダックスプルース。近年の木材とは違い、杢目が細かく、均一です。
茶系のサンバーストカラーも美しく、とても素晴らしいルックスのギターです。
サイドバックは杢目の美しいホンジュラスマホガニー材が使われています。黒塗りのヘッドにはパールのギブソンロゴが施されています。
チューナーは3連タイプのウェーバリィに交換されています。
指板、ブリッジはブラジリアンローズウッド。指板にはニックルーカス特有の様々な形のインレイが各ポジションに装飾されています。
ブリッジはオリジナルと同型の3段ブリッジ(真ん中に白いスモールピン付き)に交換されています。
ボディ内部のブレーシングはオリジナル、ブリッジプレートもオリジナルです。
ネックバインディングはボディのバインディングと同じ白で、真ん中に黒のラインの入った<ニックルーカス独特の仕様です。

トップに数カ所打傷、サウンドホール右側にピックウェアーがあり、トップのサウンドホールからエンドにかけてセンターシームクラック、ブリッジ下(センター右側)にヘアーラインクラック、ボディ底部分にクラックの修理痕があります。
エンドピンの上部にテールピースを付けていたと思われる小さな穴が3箇所あります。
塗装のチェッキングは少なめ。全体的には綺麗な状態で、塗装の光沢も残っています。

ナット幅44.9mm。綺麗な杢目のマホガニーネックで、少し薄めのUシェイプ。
気になるようなフレット、指板の減りもなく、ネックコンディションも良好です。
弦高は12Fの6弦で2.5mm、1弦で2mmと弾きやすくセットされています。

マホガニーらしい軽快な出音が印象的で、フィンガーピッキングで力強く弾いても、音が濁らずにクリーンで洗練されたトーン!!
ボディは小さいですが、ディープボディの分、音に深みがあり、経年変化による枯れたトーンが心地よく響いてくれます。
深い響きなのに音が軽く出るこのニック・ルーカス特有のサウンドは、他のギターや現代のギターでは絶対に実現出来ないサウンドです。
ストロークした時にズバッと全音域が一気に前に出てくる感じは、この年代のギブソンギターの大きな特徴の1つだと思います。
サイズ感も抱えやすく、軽やかに、ボディの箱、ネックをふくめて全体で鳴ってくれる感じがたまりません。
12フレットジョイント特有の、たっぷりとした箱鳴り感やリバーブ感があります。
甘い単音の存在感があり、フィンガーでの表現力と、ストロークでの明るい音像も素晴らしく、ヴィンテージのマホガニーギターの魅力を誰でも分かりやすく体感できる一本だと思います。
抱えた時の感触や、楽器自体の持っている雰囲気もすばらしく、非常に魅力的なギターです!!

ギターの希少性、ルックス、サウンド、どれを取っても最高な1本!!
ぜひ、お試しください!!