VIEW COUNT 492

Gibson E-150 (1935)

¥858,000. (税抜¥780,000.)

CONDITION:
EX+++
TOP:
aluminum
SIDE   BACK:
aluminum
FINGER BOARD:
Ebony
BRIDGE:
Original
NUT WIDTH:
50mm
BRACING:
PICKGUARD:
SCALE:
578mm
BINDING:
TUNER:
GROVER G-98
CASE:
Tweed Hard Case
NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-6273-7585
blue-g@blue-g.com

営業時間(月曜定休)
11:00~19:00

NO VIDEO

ギブソンが初めて発売した、エレクトリックモデル。
1935年製の、ラップ スチールのE-150が入荷しました。
オリジナル ツイード ハードケース付きです。

アルミニウム素材の、現代的なデザインの、スティールギターで、ギターアンプ とセットで、150ドルで販売されました。
ギブソンの歴史の中で、エレクトリック仕様の、市販された最初のモデルで、
同時代の、リッケンバッカーのフライパンとともに、ギターの歴史の、資料の中だけでみるモデルでしたが、
実際に触れてみると、ボリューム、トーンの構成、配置など、のちのエレキギターのスタイルが、最初に確立されていた事を感じます。
1936年からは、ES-150が発売され、世界初、市販された最初のエレクトリックスパニッシュギターが登場します。
チャーリークリスチャンが使ったES-150に、引き継がれた、独特の形状のオリジナルピックアップ、落雁のようなボリュームとコントロールのノブは、このE-150のスペックが使われたことが分かります。

このモデルは 1935年10月から1936年初頭にかけての、僅かな期間に、100台ほどが生産されたようです。
シリアルは、ネックヒールに刻印され、このギターは「162」
シリアルは、100からか、110から始まられたようですので、市販さえたエレキモデルの中で、52から62番目の物となり、
戦争中に、金属の供出のため、ずいぶん潰されてしまったことが考えられ、現存している、オリジナル個体は、大変珍しく、
ダメージはありますが、30年代には定番のオリジナルのツイードハードケースも付属していることも本当に貴重です。

ネックは、ギブソンのアコースティックギターのデザインと同じく作られ、
テーパーのある肉厚なヘッド形状。ネックシェイプはかまぼこ型で、戦争中のJ-45を思わせる、太いシェイプで設計されています。
エボニーの指板は、フラットな、ホワイトラインのフレットライン。
ドットのポジションマークは、ハイフレットまで、施されています。

トーンコントロール機能、エンドジャック穴が、高音弦側のボトムに配置されているなど、
現代のエレキギターと通じる、設計は驚きです。

甘く粘りのあるトーンは、本当に心地よく響き、
ハワイアンミュージックを奏でる、素晴らしい楽器です。
歴史の中の、貴重な資料でもあり、現役で魅力的なトーンを楽しめる、ヴィンテージです。
ぜひ、この機会に、お試しください!!