VIEW COUNT 1492

Gibson J-50 (1951)

¥1,430,000. (税抜¥1,300,000.)

CONDITION:
EX+++
TOP:
Spruce
SIDE   BACK:
Mahogany
FINGER BOARD:
Brazilian Rosewood
BRIDGE:
Brazilian Rosewood
NUT WIDTH:
42.9mm
BRACING:
Original Scalloped X-Bracing
PICKGUARD:
Original
SCALE:
631mm
BINDING:
White
TUNER:
KLUSON TYPE
CASE:
Hard Case
NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-6273-7585
blue-g@blue-g.com

営業時間(月曜定休)
11:00~19:00

NO VIDEO

貴重なスモールピックガード期の1951年製J-50!!
ボディ鳴りの良い50年代初期のヴィンテージ品が入荷しました!!

TOPはスプルース。細かい杢目のスプルースは経年変化で綺麗な色に焼けています。
S/Bはマホガニー。現在使われるマホガニーとは違い、とても綺麗な杢目の材が使われています。
黒塗りのヘッドには金色のギブソンロゴ。チューナーは近年製のシングルラインのクルーソンタイプに交換されています。

指板、ブリッジはブラジリアンローズウッド。どちらも色、杢目共に良い材です。
指板のポジションマークはパールのドットで、ブリッジはロングサドルの仕様です。
ワンリングのロゼッタにべっ甲柄のオリジナルスモールピックガード。
ボディ周りの白いバインディングも経年変化で綺麗なクリーム色になっており、ヴィンテージらしい外観になっています。

外観からは分かりませんが、トップのボディ裏センター部分に割れ留めのチップが貼られているのと、バックの右端部分にクラックの修理痕があり、バックの塗装が塗り直しされています。全体的にキズやチェッキングが少なく、演奏製も高く、ボディ、ネックともにコンディションの良いヴィンテージです。
ナット幅42.9mm。ネックは程良い厚みで、丸みがあり、誰でも握りやすい優しいシェイプだと思います。
弦高は12Fの6弦で2.5mm、1弦で2mm。ハイポジションまで演奏しやすくセッティングされています。

50年代後半とは違ったスキャロップブレーシングらしい早い反応で、カラッとしたサウンドが特徴です。
50年代後半は音に艶があるイメージですが、枯れているサウンドをお求めなら間違いなくこのスモールピックガード時期の物になると思います。
音のバランスも良く、J-45よりも厳選された木材が使われたこともあり、より繊細で綺麗なサウンドがするJ-50はフィンガーで弾いても気持ち良いギターです。甘く太いマホガニーならではのトーンで、スキャロップ時代の、力強さ、ボディ鳴りの良さは、50年代のギブソン・ヴィンテージを弾いているという感覚を強く感じさせてくれます。高音弦のピュアな響きも印象的で、倍音感、リバーブ感がとても豊かです。

このスモールピックガード期のギブソンは当店でもお問い合わせの多い機種です。
この鳴り方はなかなか出会えません!! ストローク、フィンガー問わずに使える良いギターお探しの方にはとてもオススメの1本です!