VIEW COUNT 448

Preston Thompson Style D-18 Dark Vintage Sunburst Custom (2018)

¥770,000. (税抜¥700,000.)

CONDITION:
EXF
TOP:
Adirondack Spruce
SIDE   BACK:
Mahogany
FINGER BOARD:
Ebony
BRIDGE:
Ebony Long Saddle
NUT WIDTH:
44.5mm
BRACING:
Pre-War Scalloped X-Bracing Adirondack
PICKGUARD:
Tortoise
SCALE:
645mm
BINDING:
Tortoise
TUNER:
Waverly Ebony Buttons
CASE:
Harptone Vintage Deluxe
OTHER:
Dark Vintage Sunburst
OTHER:
Style-45 Mystic Snowflakes inlay
ルシアーの紹介ページへ
NO VIDEO NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-6273-7585
blue-g@blue-g.com

営業時間(月曜定休)
11:00~19:00

NO VIDEO

2018年にブルージーのショップオーダーで製作した、Style D-18 Dark Vintage Sunburst CustomのUSED品が入荷しました!!
指板に45スタイルのスノーフレークスインレイ、ダークなヴィンテージサンバーストのトップカラーも美しく、とてもファンシーなD-18モデルです!!

トップはアディロンダックスプルース。木目の詰まった美しい材で、ダークなブラウンカラーに、べっこう柄のピックガードが印象的です。
戦前スタイルのStyle-18のロゼッタリング。白黒白のセルのトップパーフリングがすごく効いています。
トートイス柄のボディバインディングもシックで、ロングサドル仕様のベリーブリッジと、とてもレトロな雰囲気です。
サイドバックは上質なマホガニー!!トンプソン・ギターのストックしている材は素晴らしく、縦のサシが走り、密度の高い素晴らしい杢目です。特にバックは、美しいキルト模様のフィギャードが輝きます。

ネックも密度が高く、細かい虎杢のホンジュラスマホガニーが使われています!!硬質でよく響きます!!
ヘッドは、30年代風のスマートな形状で雰囲気抜群です。
黒いローズウッドのヘッドプレートは、サテン仕上げで、パールのトンプソンロゴが落ち着いた雰囲気で輝きます。
ウェバリーチューナーのエボニーボタンも渋いです。

指板も真っ黒いエボニーで、45スタイルのスノーフレイクスインレイが、色鮮やかに輝き豪華です。
手作り感のある切り出し方で、味わい深く、ヴィンテージギターのような質感です。

ボディ内部のブレーシングは全てアディロンダックスプルースです。
トップのブレーシングは、Thompson Guitarsのオーダースペック表の名称で、Adovanced position XパターンのPre-War Scalloped X-Bracing Adirondackを指定。フォアードシフトのスキャロップブレーシング仕様です。

ナット幅44.5mm。弦高は12Fの6弦で2.5mm、1弦で2mm。
優しいソフトVネックでハイポジションまで、あまり厚味の変わらない演奏性の高いネックです。

ネックヒール部分にストラッブビンの取り付けと、一度PUを付けられたため、エンドピンジャックの大きさに加工されています。(現在はPUはついていません。)
その他としては製作時に入荷したままで、ほとんど目立つ傷のない美品です。

軽快な反応で、ボリュームたっぷりの豪快な鳴り!!格弦の実音が太く、パワー感があります。
トップのアディロンダックスプルースならではの剛性、瞬発力のあるクリアな響きは、艶があり、懐の深い太いトーンです。
サイドバックのマホガニーも硬質でキリッとした印象で、倍音豊かなクリスタルな響き。
強いタッチでのストロークにも余裕の反応です。
接着にニカワを使った、自然なウッディな反応が心地よく、楽にボリュームを出せるので、フィンガーでも使いやすいと思います。
この素晴らしいルックスと、上質なサウンドで、ライブやレコーディングにバリバリ使っていただきたいギターです。
クオリティの高い、ドレッドノートをお探しの方にお薦めします!!強力な武器になると思います!!!!!!!!
お気軽にお問い合わせ下さい!!

《 Preston Thompson 》
プレストン・トンプソンは1980年代にブルーグラス界の大御所Charles Sawtelleやピーター・ローエンが愛用したことで注目を浴びたベテランルシアーです。プレストンはチャールズ・フォックスの School of the Guitar Research and Design で製作の基礎を学んだあと、ナッシュビルの伝説のルシアー、ランディー・ウッドの Old Time Pickin'Parlor で腕を磨きました。そして以前から親交のあったブルーグラスの大御所 Charles Sawtelle の1937年D-28,1935年D-18,1929年OOO-45などを綿密に研究するチャンスを得て、それらの素晴らしいヴィンテージギターをもとに独自のギターを製作するようになりました。ギターの製作から長い間身を引いたプレストンは、多くのプレーヤーやギターファンの要望に応え2011年からギターの製作を再開し、2012年にオレゴン州シスターズに工房を構え新たにPreston Thompson Guitarの製作を始めました。彼のギターはブルーグラスの名手、ティム・メイやフラットピッキングギターマガジンの編集長、ダン・ミラーなどから絶賛され、本場アメリカのブルーグラス界で再び注目を浴びています。