VIEW COUNT 478

Gibson J-45 (1957)

SOLDOUT

CONDITION:
EX++
TOP:
Spruce
SIDE   BACK:
Mahogany
FINGER BOARD:
Brazilian Rosewood
BRIDGE:
Brazilian Rosewood
NUT WIDTH:
43mm
BRACING:
Original X-Bracing
PICKGUARD:
Original
SCALE:
628mm
BINDING:
White
TUNER:
Original KLUSON
CASE:
non Original Hard Case
NO VIDEO NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-6273-7585
blue-g@blue-g.com

営業時間(月曜定休)
11:00~19:00

NO VIDEO

人気の高い50年代J-45が入荷!

製造年は1957年製、ブリッジはこの時期オプションのアジャスタブルではなく通常のブリッジサドルで、50年代も後期になるとサンバーストもやや鮮やかになり、ブリッジ周囲の明るいイエローゾーンからサンバースト外周のやや細くなった黒いゾーンへの中間色の赤味も鮮やかで、バーストのグラデェーションのコントラストが美しい、なんとも絶妙な風合いをしています。

ウッドマテリアルにはこの時代らしく良質な木材が用いられており、ギブソンらしいサンバーストのトップには杢目の詰まった美しいスプルースが用いられ、サイド&バックやネックは密度の高いホンジュラスマホガニーが使われてシースールーのブラウンカラーにマホガニーの杢目が走り、とても雰囲気のあるルックスとなっております。

ナット幅43mmでやや太めなネックは手に馴染むUシェイプで、握りやすい素晴しい感触のマホガニーネックです。
J-45らしいシンプルで特徴的なヘッドは、黒いヘッドトップにGIBSONのゴールドのスクリプトロゴ、ペグはクルーソンデの三連チューナーでギアカバーの中央に、一列刻印のKLUSON DELUXEの文字が入ってきます。

指板のローズウッドはダークな色合いで白いパールのドットポジションマークが涼しく輝き、トップのサウンドホールロゼッタは白黒白パターンのワンリング、べっ甲柄のラージピックガードはアンダーフィニッシュの光沢感があり、深く赤い色も美しく雰囲気抜群です。

アッパータイプのベリーブリッジはやや明るい色合いのローズウッドで美しい木目が流れ、時期的にオプションでアジャスタブルサドルの仕様もありますが、こちらはノンアジャスタブルの通常のサドルのタイプとなっております。

やはりこ年代のJ-45はボディ鳴りが抜群に良く、くっきり明るく、ストレートに前にすっと音が走ってくれる感触があります。
アジャスタブルブリッジではない通常のブリッジ仕様でですので骨太でウッディな反応があり、各弦太く伸びやかなトーンが印象的な鳴りです。

状態はサウンドホール上下やピックガード周辺にピッキング傷による塗装剥げなどの使用感、そして塗装の状態は経年変化で痩せてはおりますが程良く残った艶感、そこに細かく入ったウェザーチェックなどから年式を経たヴィンテージ感溢れる渋い風合いとなっております。
また、バックの1弦側バック近くに短いクラック修理とトップの1弦側指板サイドがサウンドホールにかけてクラック修理が有り、フレットは以前にリフレットされ、その後も弾き込まれていたようで多少のフレット減りは有りますが、入荷時に当店にてネックの状態や弦高等はセットアップしておりますので、演奏性には問題ございません。

細かなところではナットやサドル、ブリッジピンの交換、クルーソンペグの白いツマミ部分の交換などが有り、ブリッジサドルは2弦にピッチ補正を施したタイプとなっておりますので、恐らく前オーナーはヴィンテージでもイントネーションなども実用的に「使える」状態にセットアップして使用していたと思われます。

オリジナルのケースは欠品しており、付属ケースはノンオリジナルのハードケースとなっておりますが、全体的に雰囲気の良い風合いで実用性も高く、プレイヤーの方にもおすすめのヴィンテージです!!