VIEW COUNT 535

Martin D-18 (1967)

¥550,000. (税抜¥500,000.)

CONDITION:
EX+
TOP:
Spruce
SIDE   BACK:
Mahogany
FINGER BOARD:
Brazilian Rosewood
BRIDGE:
Brazilian Rosewood
NUT WIDTH:
42.8mm
BRACING:
Original X-Bracing
PICKGUARD:
Non Original
SCALE:
645mm
BINDING:
Tortoise
TUNER:
Original Grover
CASE:
Non Original Hard Case
NO VIDEO NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-6273-7585
blue-g@blue-g.com

営業時間(月曜定休)
11:00~19:00

NO VIDEO

近年人気の高まる60年代のD-18で、ヴィンテージらしい風格溢れるルックスも最高な一本!!

年々高騰するヴィンテージギターの中で、Martinの18系はまだまだ入手し易く、程よい個体が選べると人気が高まっております。
勿論、ビカビカのミントコンディションのヴィンテージも良いのですが、「弾ける」そして「使える」ヴィンテージギターを探すとなると、適度に使い込まれた個体が最適かと思います。

この1967年製のD-18は適度に使い込まれており、痩せてツヤが落ち薄くなった塗装面や、そこにビッチリと細かく入ったウェザーチェック、そして随所に刻まれた弾き傷など、いかにも鳴りそうな、かなり精悍なルックスとなっております。

実際にこのギターを手にしてバランっとコードを掻き鳴らすだけでも、乾いて抜けの良いヴィンテージトーンが突き抜け、このルックスに違わない、極上の鳴りを堪能できるギターでもあります。

手にしてチューニングするだけでもわかる反応の良さ、そして18系らしいドライな乾いた質感があり明るくブライトなトーン、またドレッドノートの華やかな倍音感も心地よく、パンチがあってストロークも軽快で、いかにもヴィンテージのD-18らしいストレートにボリュームたっぷりに鳴ってくれる、爽快な1本です。

細部まで見ていくと、やや丸いヘッドに刻印の入ったグローバーチューナー、そして色焼けした塗装とMartinロゴが良い味を醸し出しており、良質なマホガニー材を用いたネック、そして濃い色味にムラが無く上質なラジリアンローズウッドの指板と合わせて渋い雰囲気となっております。

トップも全体的に濃く色焼けし、トップのスプルースの緻密な木目は、塗装が痩せて冬目が濃く浮き出ており、バックの濃い色味のマホガニーも程良く塗装が痩せており、ビッチリと細かく入ったウェザーチェックと共にヴィンテージらしさ満載の壮絶なルックスとなっております。

ピックガードは張り替えられておりますが、この壮絶なルックスに似合うよう、薄めのベッコウ柄をアンティーク感を保ちつつ塗り込みで仕上げられております。

ネックはスクウェアロッドになった頃で、ややガッチリとした握り込みし易いグリップで、MARTINの古き良き時代の匂いがまだ残る、程よいグリップ感のネックかと思います。

ナット、フレット、サドル、ブリッジピンなどの交換はあり、トップのブリッジ下あたりに軽いクラック修理もありますが、ネックのリセットやリフレットなども施されておりますので、このルックスからイメージするよりも演奏性は良好で、安心して使えるヴィンテージです。

付属のケースは、オリジナルハードケースは欠品しておりますが、かなりシッカリとした造りのハードケースが付属しております。

ヴィンテージ好きには堪らない風格溢れるルックスと、フィンガーでもオープンな鳴りで、ストレスなく良質なヴィンテージマホガニーギターの魅力を堪能出来るおすすめの一本!!
この機会に、ぜひ御試し下さい!!