VIEW COUNT 676

Martin D-45 (1971)

SOLDOUT

CONDITION:
EX+++
TOP:
German Spruce
SIDE   BACK:
Indian Rosewood
FINGER BOARD:
Ebony
BRIDGE:
Ebony
NUT WIDTH:
42.5mm
BRACING:
Non Scalloped X-Bracing
PICKGUARD:
Black
SCALE:
645mm
BINDING:
White
TUNER:
Original Grover
CASE:
Victoria
NO VIDEO NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-6273-7585
blue-g@blue-g.com

営業時間(月曜定休)
11:00~19:00

NO VIDEO

近年ますます人気の高い70年代!!
その中でも、初期の、ジャーマンスプルーストップの1971年製!!
明るいレモン色の顔が、とても雰囲気の良い個体です。

使われている木材の良質さと、インレイワークの美しさは、
まさにMARTINのフラッグシップモデルにふさわしく、素晴らしい雰囲気を持ったD-45!!

オリジナルのとても綺麗なヴィクトリアケースに入ったまま、綺麗に保たれたコンディションです。
みずみずしく、甘くふくよかで、芳醇。
僕らのイメージにある、重厚なD-45サウンドです。

トップ材は、杢目の細かく詰まったジャーマンスプルース。
ジャーマンらしい、明るいレモン色に焼けたトップに、黒いピックガードの締まった顔で、美しいアバロンインレイが良く映えます。

サイドバックに使われている、インディアンローズウッドも素晴らしく、
綺麗な柾目の赤黒く色味の濃い材で、D-45ならではの風格を感じさせてくれます。
アバロントリムの豪華な装飾が映え、奥行きのあるシルバーの深い輝きに、ピンク、グリーン、ブルーの鮮やかな色が、照明を浴びて、角度によって表情を変えます。

特徴的な縦ロゴのヘッドも素晴らしい雰囲気です。
色の濃いヘッドプレートに、「C.F.MARTIN」のアバロンインレイが、鮮明に輝きます。
ヘッドの形状と合わせて、とても存在感のあるヘッドロゴです。
チューナーはオリジナルのグローバー102。ピカピカのゴールド!!
まだパテントナンバーが入っているのが、非常に味わい深いです。

指板は、黒くしっとりとしたエボニーに、表情豊かな印象的なヘキサゴンインレイが輝きます!!

ピックガードとブリッジ交換。
オーバーサイズになっていますが、黒いピックガードはオリジナルのような質感、
ブリッジも黒いエボニーで綺麗にセッティングされています。
ブリッジピン、エンドピンは、新しいMARTINのパーツに交換。

ネックはオーバーコートされていますが、ピカピカ光る、綺麗な光沢仕上げで、
ヘッドのロゴがとても鮮明で高級感があり、雰囲気抜群です。

MARTINクラックの補修、バックのネックヒール近くに、ヘアラインクラックのリペアはありますが、
日焼けも少なく、全体に使用感の少ない美品で、コンディション良好!! 
貴重な、オリジナルのヴィクトリアケースもとても綺麗です。

ナット幅42.9mm。SQロッドのUシェイプネック。

美しいルックスそのまま表現したような、
これぞD-45と言えるようなとてもゴージャスなサウンド!!
ふくらみを感じる、あたたかい反応。
懐の深い、奥行きのある分厚いトーン。立体的な一音一音に、とても説得力があります。

トップの反応が心地よく、キリッと引き締まったシャープな出音に、粒立ちの細かな甘い響きが感じられます。
ボディの重厚感もあり、基音に、たっぷりと倍音が重なっていく、バランス感が素晴らしいです。
低音弦の深い反応に負けない、プレーン弦もしっかりと芯のあるサウンド。

ジャーマントップならではの、粒ダチの良い倍音感。どっしりと重量感のある、ゴージャスなトーン。
ルシアーメイドのギターを弾いているような、心地よい音像の広がり、華やかな楽器です。
ボディの鳴り方が、とても気持良く、ルックス&サウンド共にオススメのD-45です!!