VIEW COUNT 567

Echizen Guitars R-1 Presentation Blue-G 20th anniversary custom (2020)

SOLDOUT

CONDITION:
NM
TOP:
Bear Claw European Spruce
SIDE   BACK:
Premium Brazilian Rosewood
FINGER BOARD:
Brazilian Rosewood
BRIDGE:
Brazilian Rosewood
NUT WIDTH:
44.5mm
BRACING:
Original X-Bracing
PICKGUARD:
Clear
SCALE:
648mm
BINDING:
Brazilian Rosewood
TUNER:
Rodgers
CASE:
Hoffee Case
OTHER:
Hide Glue
OTHER:
French polish Finish
OTHER:
Figured Honduras Mahogany neck
NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-6273-7585
blue-g@blue-g.com

営業時間(月曜定休)
11:00~19:00

NO VIDEO

Echizen Guitars
R-1 Presentation Blue-G 20th anniversary custom が入荷しました!!

ブルージー20周年の記念プロジェクトとして、
工房での材の選定、スペックの細部までこだわり、完成したプレゼンテーション仕様のR-1モデルです!!

トップ材には、ベアクローヨーロピアンスプルースを選びました。
色白の美しい材で、横にやさしく流れる大きな流れと、全体に格子状に細かく走るベアクローのフィギャードが重なり、
とても上品な顔です。
印象的なロゼッタは、黒いブラジリアンローズのウッドリングを中心に、ブルーパウアのアバロンリングがアウトラインをあしらっています。
トップのパーフリングにもブルーパウアアバロンのボダーインレイが施され、
白いトップ材に、青みの強い明るい輝きのインレイが爽やかです。

サイドバックは、素晴らしい杢目のブラジリアンローズウッドが使われています。
バックのセンター付近は赤褐色、外側は黒くコントラストも素晴らしいです。
黒く太い流れのワイルドな模様で、肉眼で見ると、すこしグリーンの輝きを感じる、古いブラジリアンローズウッドです。
サイドも赤褐色の素晴らしい材で、ショルダー部のスパイダーウェイブや、エンドボトムにかけてのワイルドな流れとフィギャードが走り、透明感のあるフレンチポリッシュ独特の光沢も手伝って、褐色の杢目が色鮮やかです!!

ネックには、フィギャードのホンジュラスマホガニーが使われています。
大きな塊から、ワンピースネックで削り出されています。
ヘッド脇のフィギャードも美しく、ネックヒールのカーブまで、ぜひ写真で観察してください!

ヘッドプレート、ボディのバインディング、指板、ブリッジにもダークなブラジリアンローズウッドを使い、
エボニーのように黒く、全体にとても締まったルックスになりました。
指板は真っ黒でソバージュの杢、指板脇の小口が赤黒く、
マザーオブパールのスモールドットのポジションマークが鋭く輝き、視認性が高いです。

黒いヘッドプレート、ブリッジには、ホワイトパールと、ブルーパウアアバロンを組み合わせた、カスタムインレイ仕様です!!
OGAWA INLAY CRAFTに特注した、小川貴之さんのハンドカットの優しい線のインレイは、とても味わい深く、プレゼンテーション仕様で製作した前回よりまた一段と豪華で、素晴らしい雰囲気になりました!

ロジャースのカスタムチューナーも、ヘッド裏のブラスプレートの美しさ、ブラックマザーオブパールのペグボタンの深い輝きと、とても存在感があります。

ハードケースも、人気のHoffeeケースに特注した一点物です。
鮮やかなブルーのルックスに、グレーカラーのポロックを施し、豪華でいて、派手すぎず、渋い質感に仕上がりました!!

材の選択、インレイなどスペックの細部に至るまで、妥協なく豪華な仕様を盛り込み、記念プロジェクトにふさわしい、見どころが多く、美しいカスタムギターです。

新品の色白の時から、4年が経過し、トップがレモン色に焼けて、風格が加わっています。
使用感の少ない美品で、ボディネックともにコンディション良好の美品です。

ナット幅44.5mm。 なだらかなUシェイプネック。ハイポジションまで厚みが変わらず、よく手に馴染む弾きやすいネックです。

ベアクローヨーロピアンスプルースと、カリンカリンに乾燥した古材のハカランダの組み合わせで、
締りのあるクリスタルな響きなのですが、自然な反応で、オープンなとてもやわらかい反応です。
密度の高いトップの繊維を感じさせてくれる、非常に弾力性のあるトップの瞬発力と、サイドバックの澄み切ったリバーブ感の音像が大きく、
複雑に沢山の倍音が重なり、粒立ちの良い明るい華やかなトーンが印象的です。
弾いていて、分厚い倍音に包まれる感じが、とても心地よいです。
とても存在感のある太い出音は、前で聴くいていても、ボディやネックが振動して、シンプルに木が鳴っているのだということを感じさせてくれ、
弦楽器の楽しさ、生音の魅力に、あらためて感動しました。

美しい仕事ぶりと、奔放なサウンドと、すごく充実し、
Echizen Guitars  クオリティはルックス、サウンドともに文句無しの完成度です!!
貴重な越前さんの作品の中でも、一番贅沢なカスタム。この素晴らしさを、ぜひ味わってください!!